2012年07月27日

成功のためには、辛いこと、苦しいことこそ必要です。

2011年3月11日に発生した東北関東大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。


一日も早い復興と、平和な日常を取り戻すことを祈っています。






記事の前にちょこっと応援。お願いします〜。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



どうも! サクセストレーナー@上原です。

梅雨も開けてすっかり夏本番ですね〜。

上原家でも休日はすっかり真夏のレジャーモードです。

先日の休みでは子供を連れて近所のプール。

流されてきましたよ〜。

来週くらいからは海へ繰り出す予定です。

そんで最近購入した便利グッズがこれ!



今までは現地についたら必死で沢山の浮き輪やら、ボートの空気を入れていましたが、コレがあると、車のシガーライターから電源をとって、駐車場で数分で終了しちゃいます。

ただ、昔の掃除機のようなキーン!!!と言う音が物凄いことだけがネックですけどね。

駐車場なら問題ないかな?っというレベルです。



それでは本日のテーマ!


「成功のためには、辛いこと、苦しいことこそ必要です。」です。


楽して成功したい!なんて考えたことはありませんか?


私はあります!辛いことや苦しいことはできる限り避けたいもの、それはある意味人間ならば当然の発想かもしれません。


しかし、成功するためには必ず、そのような辛いことや苦しいことは避けては通れません。


なぜか?


それは、成功した人間にとってはもうごく普通に行なえるような行動や習慣が、、いまだ成功をおさめていない人にとっては苦痛な行動であることが多いからです。


これから勉強を始める人が、毎日3時間机に向かって勉強することは苦痛でしょうが、それを20年間継続している人間にとって見ればごく普通の習慣です。


プロゴルファーにとっては毎日1000本のスイングは日課かもしれませんが、素人にとっては苦しみ以外の何物でもないでしょう。


成功する人間は、自らの成功がそういった苦しみや辛さの積み重ねであることを知っています。


その為にできるだけ早くそういった辛い行動を繰り返して、習慣化し、自分の物にしてしまいます。


プロ野球選手が毎年、辛い自主トレーニングを積むのも、必要だから行なう行為なのです。


スポーツの世界に限りません。起業においても、辛い時期、勉強しなければならない時期もあります。


そこをすっ飛ばして、楽をしたがると言うのは、砂漠の上に城を築こうとしているようなものです。



記事の最後にちょこっと応援。お願いします〜。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村








下半身太りの解消法はこれだ!あなたの成功談をご紹介
posted by サクセストレーナー上原 at 02:48| Comment(0) | 成功の為の格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。