2012年07月27日

成功のためには、辛いこと、苦しいことこそ必要です。

2011年3月11日に発生した東北関東大震災におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。


一日も早い復興と、平和な日常を取り戻すことを祈っています。






記事の前にちょこっと応援。お願いします〜。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



どうも! サクセストレーナー@上原です。

梅雨も開けてすっかり夏本番ですね〜。

上原家でも休日はすっかり真夏のレジャーモードです。

先日の休みでは子供を連れて近所のプール。

流されてきましたよ〜。

来週くらいからは海へ繰り出す予定です。

そんで最近購入した便利グッズがこれ!



今までは現地についたら必死で沢山の浮き輪やら、ボートの空気を入れていましたが、コレがあると、車のシガーライターから電源をとって、駐車場で数分で終了しちゃいます。

ただ、昔の掃除機のようなキーン!!!と言う音が物凄いことだけがネックですけどね。

駐車場なら問題ないかな?っというレベルです。



それでは本日のテーマ!


「成功のためには、辛いこと、苦しいことこそ必要です。」です。


楽して成功したい!なんて考えたことはありませんか?


私はあります!辛いことや苦しいことはできる限り避けたいもの、それはある意味人間ならば当然の発想かもしれません。


しかし、成功するためには必ず、そのような辛いことや苦しいことは避けては通れません。


なぜか?


それは、成功した人間にとってはもうごく普通に行なえるような行動や習慣が、、いまだ成功をおさめていない人にとっては苦痛な行動であることが多いからです。


これから勉強を始める人が、毎日3時間机に向かって勉強することは苦痛でしょうが、それを20年間継続している人間にとって見ればごく普通の習慣です。


プロゴルファーにとっては毎日1000本のスイングは日課かもしれませんが、素人にとっては苦しみ以外の何物でもないでしょう。


成功する人間は、自らの成功がそういった苦しみや辛さの積み重ねであることを知っています。


その為にできるだけ早くそういった辛い行動を繰り返して、習慣化し、自分の物にしてしまいます。


プロ野球選手が毎年、辛い自主トレーニングを積むのも、必要だから行なう行為なのです。


スポーツの世界に限りません。起業においても、辛い時期、勉強しなければならない時期もあります。


そこをすっ飛ばして、楽をしたがると言うのは、砂漠の上に城を築こうとしているようなものです。



記事の最後にちょこっと応援。お願いします〜。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村








下半身太りの解消法はこれだ!あなたの成功談をご紹介
posted by サクセストレーナー上原 at 02:48| Comment(0) | 成功の為の格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

「95歳の老人の詩」の本当の作者





どうも!サクセストレーナー@上原です!



今回はネット上で少し話題になっている「95歳の老人の詩」とされている詩を紹介します。


いい言葉は、いい人生をつくるいい言葉は、いい人生をつくる
販売店:楽天ブックス
価格:¥550
osadasoft


この詩は経営学者のピーター・ドラッカーが95歳に亡くなる直前に書いたとされていたり、ある修道院の女性が死ぬ間際に書いたものだと言われたりでさまざまな見解がありますが、詩の内容は人生を生きる上での参考になるものだと思うので、引用したいと思います。


サイコドクターぶらり旅 より引用)






もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。

もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。

もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。

もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。

私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制をひき、他人の目を気にして、起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・

もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。



どうでしょうか?悩みに対する見解、シンプルに、今を生きるという生き方は参考になります。




posted by サクセストレーナー上原 at 22:00| Comment(0) | 成功の為の格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

心に潤いを|成功法則・哲学




どうも! サクセストレーナー@上原です!



「心さえ乾いてなければ、どんな景色も宝石に変わっていく」  エソラ|Mr.children


即納!■送料無料■通常盤■Mr.Children CD【SUPERMARKET FANTASY】08/12/10発売即納!■送料無料■通常盤■Mr.Children CD【SUPERMARKET FANTASY】08/12/10発売
販売店:アットマークジュエリー
価格:¥3,058
osadasoft



物事をどう感じるか、環境をどうとらえるか、すべてはその人の心のありようで変わってしまいます。



まったく同じ境遇にいても、不幸な人と幸福な人がいる。



何を、どうとらえるかで、全てが変わってきます。



楽しみにしていた旅行、雨が降ってしまった。



「せっかくの旅行が台無しだ、キャンセルすればよかった、景色も暗くて、つまらない、今回の旅行は失敗だ・・・。」



「雨が降ってしまったけど、雨の中の観光もいいものですね。雨のおかげで気温が下がって、真夏なのに気持ちよく観光できました! 雨粒がキラキラしてガイドブックでは見れないような美しい景色が見れました」




物事の捉え方、心の在り方で、人生さえも変わります。旅行が失敗だと思う人がいる家族は全員つまらない思いをします。



雨の観光を楽しめる人がいる家族は、全員が楽しい気分になるでしょう。



どんな不幸なことが起こっても、それはこの先より良い人生を送るための教訓であり、さらにひどい失敗をしないために起こったことだととらえられるか。



不幸にとらわれて、絶望の淵に沈むのか、心次第。



幸せに生きるヒントはものすごく身近な所にあるのです




posted by サクセストレーナー上原 at 22:00| Comment(0) | 成功の為の格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。